当サイトのリンクには広告が含まれています

魂の使命を知ると、何がいいのか?

当ページのリンクには広告が含まれています。
魂の使命を知ると、何がいいのか?
  • URLをコピーしました!

私はいつも、自分の望みを正しく描き、自分の人生を自分の力によって進めていくことのすばらしさをお伝えしています。つまり、人生は運命論ではなく、自分で創造していくモノであるということです。

自分が心から望むものがあるのであれば、それを心に深く刻み、信じていくことで、それは必ず引き寄せられます。何を望むかは自由だし、どのようなことを望んでも、それは必ず引き寄せます。

つまり、どのような運命があろうとも、あなたは自分の望みに対して自由であればいいし、それは引き寄せます。もちろん、あなたの望みはあなたの選択であり、その選択には責任も伴うことは忘れてはいけません。

自分が心に描いた、思考や感情が必ず引き寄せられるようになるのです。
だから、いつも考えなければならないことは、今の自分の感情や思考がどのようなものであるか、ということです。

自分がどんな感情で生きているか、そして何をしたいのかを考えて努力しながら自分の人生を築いていきましょう。

全ては自分の望むことを信じることから始まります。望みを抱いて努力し、きっと自分の人生が広がります。

不思議なことですが、望みを胸にしっかりと秘めると、自分の人生が見えてきます。そして望んだものを、自分の力でつかむこともできると思えるようになってゆきます。望むものを素直に思い描き、必ず実現できると信じていくことも大切ですね。

コンテンツ目次

魂の使命にはどうやってたどり着く?

自分が心から望んで、引き寄せ、切り開いた人生であると、何も考えなくとも自然と魂の使命にたどり着きます。

本当に何を自分の人生に望むのか、ということがとても大切です。そして望んだら信じること。自分はできる、それは引き寄せられる、必ず自分の望みを人生で現実化できると信じること。

そういう気分になると、1歩1歩積み上げていけばいつかきっと人生が開けることに気づくでしょう。特に3ヵ月目はだいぶ変わっていると思います。まだ自分の人生と向き合っていなかったところから、瞑想などを続けて、自分の人生と正しく向き合うようになったとき、いきなりは何も変わらないかもしれませんが、4週目からすごい力強い変化を感じられ、3ヵ月後には自分の人生を自分で作り出すと実感するでしょう。

1年たつと、その時には自然と魂の使命を全うし始めます。

ココナラ
本日鑑定☆あなたの魂の使命を鑑定します 今世の使命を知って楽しく幸せに成功する☆23時まで受付 | 人生・ス... ○23時までにご依頼いただけましたら、当日中にお返事します。スピリチュアルカウンセラーの沙耶美です。私は、皆様をいつも見守り導いてくれる守護天使たちからのメッセ...

魂の使命と日常生活の調和

魂の使命を見つける旅は、日常生活との調和から始まります。毎日の小さな選択が、最終的には自分の人生を形作り、魂の使命に導いてくれるのです。

日々の習慣、選択、そして思考は、魂が望む人生への道標となります。自分が何に情熱を感じ、何に喜びを感じるのかに注意を払うことで、自分の魂の使命に近づくヒントを得ることができます。

このプロセスは、自己認識と自己発見の旅でもあり、自分自身との深い繋がりを築き上げていきます。

魂の使命を生きるための具体的なステップ

魂の使命を生きるためには、具体的なステップを踏むことが重要です。まず、自分自身に正直になり、心の声に耳を傾けることから始めます。

次に、情熱を感じることに焦点を当て、それを日々の生活に取り入れていくこと。そして、自分の内面と外界との調和を目指し、自分の行動が魂の使命を反映しているか常に自問自答し続けることが大切です。

挑戦を恐れず、常に学び、成長する姿勢を持つことで、魂の使命を生きることができます。

まとめ

私たちは皆、魂の使命を持っています。自分の人生を正しく生き、前向きに作るために自分の魂の使命を理解すれば、そこへたどり着く過程で、自分の必要な行動に気が付くことができ、人生をより一層スピーディーに切り開いていくことができるのです。

今の自分を脱却し、新たな価値や潜在能力を開発していくために、自分の人生を見つめ直すきっかけになることが、「魂の使命を知る、ということなのです。

人生ですから、試練もあります。途中で行き詰まることもあるかもしれませんが、魂の使命を全うしていくことによって、自分を磨いていくことができるのです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
魂の使命を知ると、何がいいのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次