当サイトのリンクには広告が含まれています

なぜ生理中はこんなに感情的になるのか? | 生理がメンタルヘルスに与える影響

当ページのリンクには広告が含まれています。
生理がメンタルヘルスに与える影響
  • URLをコピーしました!

女性であるということは、時々、なんだか辛く感じる日があるものです。それは、毎月訪れるレディースデーもそうでしょう。多くの女性にとって、この生理は身体だけでなく、心にも影響を与えます。毎回スムーズに生理を過ごす女性は、意外と少ないかもしれません。

多くの女性にとって、生理は特に楽しいものではありません。生理前、生理中、生理後、いずれの時期も、生理痛や憂鬱、不安、過度な心配、不機嫌という感情が訪れます。これらの感情の原因は、女性ホルモンの変動によるものです。

生理期間中はホルモンのバランスが揺れ動き、これが生理の体調や心情に影響を与えます。この状態は月経前症候群(PMS)と呼ばれていますが、このような変化は生理中や生理後にも起こります。

今回は、PMSがメンタルヘルスにどう影響するのか、また、なぜ女性が生理中に感情的になるのかについてお話しします。さらに、生理中の感情的な症状にどう対応するか、そのためのヒントを提案します。

コンテンツ目次

注意すべきPMS(月経前症候群)の症状

生理中に女性が感情的になるのは、ほとんどの場合、ホルモンレベルの変動が原因となります。生理周期を迎える女性が経験する一般的な症状は次のようなものです。

感情的な症状

  • 泣きたくなることが多い
  • 強い不安を感じる
  • 気分が落ち込む
  • イライラする
  • 元気がなくなる
  • 気分が沈んでしまう

行動的症状

  • 食欲の変化
  • 食欲がなくなる
  • 人との交流から遠ざかりたいと感じる
  • 性欲の変化
  • 睡眠障害や不眠症

身体的な症状

  • にきびができる
  • 腰痛を感じる
  • 胃が痙攣する
  • 下痢や便秘になる
  • ひどく疲れる
  • 頭痛や偏頭痛が起こる

生理周期とホルモン変動の関連性

生理による感情の揺れを理解するためには、まず生理中に起きるホルモンの変動を知ることが大切です。生理周期は、エストロゲンやプロゲステロンといった、身体の機能をコントロールするホルモンの複雑な働きと深く結びついています。

生理、または月経周期の間には、これらのホルモンは上下します。月経周期の前半(卵胞期と言われる)では、エストロゲンの量が増えます。エストロゲンは、ポジティブな感情やエネルギー、セロトニンレベルの上昇と強く関連しているホルモンです。エストロゲンレベルの変動は、これらの要素、そして結果として女性の感情状態に影響を与えます。

月経周期の後半(黄体期と呼ばれる)では、プロゲステロンのレベルが増えます。プロゲステロンは体にリラックス作用をもたらし、一方で疲れやすさ、イライラ、感情の揺れといった症状を引き起こすホルモンです。

女性の月経周期が始まる前にエストロゲンとプロゲステロンのレベルが下がると、感情が過敏になり、感情的な症状や情緒の不安定さが起きやすくなります。これらのホルモンは体内のセロトニン活動とも深く関わっており、ホルモンの変動はセロトニンのレベルにも影響を与え、気分の落ち込みやうつ、不安といった症状を引き起こす可能性があります。

PMSが感情的・精神的健康に及ぼす影響

PMS(月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS))と精神的健康は、深く互いに関わり合っています。体のホルモンが変化することで、月経前に気分が大きく落ち込んでしまうことがあります。その結果、感情がジェットコースターのように揺れ動き、悲しみやイライラ、不安、怒りといった感情を経験することがあります。これが、「なぜ生理中は怒りっぽくなるの?」という疑問の答えなのです。

また、生理中のホルモンの変化によって、感情が敏感になり、批判やストレス、その他の引き金となる状況により影響を受けやすくなります。多くの場合、生理中に感じる感情反応は、普段と比べて強く、激しいものとなります。

PMSは不安やうつ病を引き起こす可能性もあります。すでにうつ病や不安障害を抱えている人の場合、生理がその症状を悪化させることもあります。ホルモンの変化は、脳内の神経伝達物質の働きを乱し、セロトニンレベルに直接影響を与え、気分障害を増加させます。

そして、PMSの症状としてよく見られる痛みや疲れといった身体的な不快感だけでなく、女性は感情的に傷つきやすくなることも考えられています。疲れを感じていると、感情の回復力が低下し、どうしようもなく圧倒されたり、感情的にもろくなったりしやすくなるのです。

ウエルシア楽天市場支店
¥3,449 (2024/02/16 05:29時点 | 楽天市場調べ)

生理中の感情的な症状にどう対処するか?

「なぜ女性は生理中に感情的になるのだろう?」とお悩みであれば、生理中の感情的な症状に対する対処方法を以下にご紹介します:

自己ケアに専念する

PMSの感情的な症状に対処するための一つの方法は、自己ケアに専念することです。7~8時間は睡眠をとる、ぬるめのお風呂に入る、深呼吸や瞑想などのリラクゼーション法を試す、バランスの良い食生活を心がける、といったことを試してみてください。自分自身のケアに重点を置くことで、PMSの症状を軽減することができます。

誰かに相談する

生理中に精神的に参ってしまった時は、誰かに助けを求めてみてください。友人や家族、カウンセラーは、あなたの感情や経験を批判せずに聞いてくれる安全な場を提供してくれます。自分の感情を理解してくれる人と共有することで、安心感を得ることができ、感情を認識・認知することができます。

ストレス対処法を試す

生理中には、ストレス対処法を日々の習慣に取り入れてみてください。ヨガのような穏やかな運動、瞑想、日記を書くこと、自分を楽しませるような趣味に没頭することなどがあります。

健康的な生活スタイルを採用する

生理中に感情的になることがある人は、健康的な生活スタイルを取り入れてみてください。カフェインやアルコールは極力控えてください。これらの物質は感情的な症状を悪化させる可能性がありますので、避けるように心掛けてください。バランスの良い食事と水分補給を維持することも大切です。

専門家の助けを求める

PMSの感情的な症状が日常生活に大きな影響を及ぼし、常に気分が落ち込んでいるようであれば、専門家の助けを求めることも考えてみてください。精神保健の専門家は、生理中の感情的な落ち込みや症状に対処するためのアドバイスや、リラクゼーション法などの提案をしてくれます。

まとめ

生理中に感情的になることは、多くの女性が経験する一般的な現象です。これらの感情的な症状は、精神的および感情的な健康に大きく影響を与えます。多くの場合、生理中の感情的な落ち込みは、月経周期中に生じるホルモンの変化に起因します。

ホルモンの変化と感情との相互作用を理解することで、生理中の感情を適切に管理する方法を学ぶことができます。ヨガ、瞑想、日記を書くなどのエクササイズ、または他のストレス管理法は、PMSの感情的な症状を軽減するのに役立ちます。

適切なサポートと知識を持つことで、生理中の感情や精神的な状態をよりよく管理し、幸福感を向上させることが可能になります。

あわせて読みたい
更年期の変化を笑顔で乗り越える あなたの毎日を支えるヒント 更年期は、まさに人生の新しいスタートです。この時期の変化は、私たちに自分自身を大切にすることの重要性を教えてくれます。この記事では、更年期を明るく、元気に過...

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
生理がメンタルヘルスに与える影響

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次