当サイトのリンクには広告が含まれています

依頼心を手放し、自分の力で幸せを引き寄せるスピリチュアルの法則

当ページのリンクには広告が含まれています。
依頼心を手放し、自分の力で幸せを引き寄せるスピリチュアルの法則
  • URLをコピーしました!

あなたが心の奥底に抱える強い感情、それは依頼心です。日々私が見てきた人々の中で、特に多く感じるのがこの依頼心。まるで守護天使にすべてを任せてしまい、自分では何も考えないでいるような人が、非常に多いのです。

私がこれまで研究してきた宇宙の法則の一つに、「心の状態に等しいことが現実に起こる」という法則があります。これは、私たちの思考と感情、つまり心の状態が現実に直結するということです。ネガティブな感情を抱けば、それに対応するネガティブな現実を引き寄せ、逆にポジティブな感情を持てば、それに等しいポジティブな現実を引き寄せるのです。

このネガティブな感情の中でも、特に人々が幸せから遠ざかる原因となる感情が三つあります。それが「嫉妬心」、「罪悪感」、「依頼心」です。

嫉妬心は一見ネガティブな感情に見えますが、これは扱い方次第でポジティブな感情にもなり得ます。人間の成長につながる部分があるため、嫉妬心を生かす方向に持って行くことでポジティブな感情として作用します。人間として生きている限り、嫉妬心を完全に無くすことはできません。だからこそ、生かし方を考えることが重要です。

次に、罪悪感は自分の心の奥底に存在する感情で、普段は表に出にくいものです。しかし、自分自身を深く見つめ直すことで、罪悪感は意外と改善がしやすいものです。ただし、罪悪感は放置しておくと怒りの感情に変わりやすいため、自分と向き合うことが必要です。

そして、最後に依頼心。この感情は一度持ち始めると、なかなか止まらず、自分自身で物事を考える力を失ってしまいます。結果的に、他人を責めたり、不満や怒りといった感情が生まれやすくなります。依頼心はネガティブな感情の中でも特にポジティブに変えることが難しく、持っていると自分自身で幸せになろうとするエネルギーを失ってしまいます。そのため、幸せになるためには一番遠い感情とも言えます。

スピリチュアルとは、依頼心を持たせるものではなく、自分自身の力で幸せになる道を指導するものです。だからこそ、時折、相談者の触れられたくない心の奥底に触れることも必要になります。表面的な解決策だけでは、本質的な問題は解決しません。

心の状態を高めること。それが重要です。その心の状態を高めることで、今まで見えなかった世界が見えてくるのです。しかし、その心の状態を高めるためには、自分の力で幸せになろうという覚悟と自信が必要です。幸せになることは決して難しいことではありませんが、人間として生きている限り、乗り越えなければなならない困難も多々あります。

成功者を見ていると、依頼心を持っていないことが多いです。しかし、人間は変化する生き物。成功した後で保守的になり、依頼心を持つようになる人もいます。また、自らが上昇していくうちに、いつの間にか自己中心的な思考に陥る人もいます。依頼心を持つようになったり、自己中心的になると、成功からの落ち込みは速いものです。それは一瞬のことです。

つまり、依頼心とは自分で判断する力を失うことなのです。「神社にお参りに行ったから大丈夫」「いつもお守りを持っているから大丈夫」という考えは、その象徴です。ただ神様に「何とかしてください」と頼むのも、依頼心の一形態です。

漠然と「どうしたらいいですか?」と問いかけても、神様も「わからないよ」としか答えられません。重要なのは、あなた自身が何を望んでいるか、どうなりたいか、です。それに対して、守護天使や宇宙の神様は道を示してくれます。だから、「幸せになりたい、どうしたらいい?」と漠然とした質問には、神様も答えを出せません。

すべての答えは自分の中にあります。外側の現実は、自分が今まで抱いてきた感情の結果に過ぎません。心の状態に等しいことが現実に起こるということなのです。そのため、自分が今置かれているネガティブな現実を見れば、自分の感情の使い方に何か間違いがあったと気づくことができます。それが、自分の心の状態を見直すきっかけとなるのです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
依頼心を手放し、自分の力で幸せを引き寄せるスピリチュアルの法則

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次