当サイトのリンクには広告が含まれています

愛ある家族を築くために―母親は周囲の協力を得て、父親は子育てに参加する

当ページのリンクには広告が含まれています。
愛ある家族を築くために―母親は周囲の協力を得て、父親は子育てに参加する
  • URLをコピーしました!

結婚後、子供を産んだ母親が育児をひとりで頑張る必要はありません。必要なサポートを受けることで、あたたかい愛と健全な精神性を保つことができるのです。

母親である女性は周囲の助けを拒むことなく、罪悪感を感じることなく、夫も積極的に育児にかかわってほしいと思います。

コンテンツ目次

台湾の女優のエピソード

実際、台湾の女優さんである周幼婷(Jade)さんと彼女の夫で俳優のランジェンロンさんは、メディアに離婚のうわさが流れましたJadeさんは母親業と女優業の間で苦しんだこともあるようです。

結婚後、Jadeさんは意図的に仕事を減らし、家庭に専念するようになりました。

彼女がメディアに姿を見せないことが謎で、また母親業として精神的に不安定な時期があったとの噂もあります。これが離婚の噂の原因だったのかは分かりません。しかし実際に、結婚後、Jadeさんは家族に集中するために仕事量を意図的に減らしています。この選択は、彼女が家庭を重視し、献身的であることを示しています。彼女はキャリアを追求するよりも家族の世話が大事だと考えており、そのためいくつかの仕事の機会をあきらめているのです。

しかし、心の中にはまだ働きたいという思いがありました。実際、2016年にはそう語っています。育児生活から離れる時間は取れないかもしれませんし、母親として悩むことは避けられません。

子供を抱っこするストレスや責任、そして夫が子供と二人きりになると妻に「早く帰ってきて」と言い続けるというJadeの説明には、多くの母親が共感するのではないでしょうか。

周囲のサポートを得ることに罪悪感を持たないで!

現代の多くの母親はフルタイムで働きながら子育てを頑張っていますが、それだけ手一杯になると、自分らしく生きることが難しくなってしまいます。

家庭とキャリアを両立させるためには、サポートネットワークが重要です。Jadeさんのように、母親業とお仕事の間で悩む人たちは、友人や家族、同じような経験をしている地域の母親たちとのつながりを築くことができるでしょう。

こうすることで、母親が休息を必要とするときや他のことをしなければならないときに、子供たちの世話を手伝ってくれる人々を呼ぶことができます。

大切なのは、考えすぎることなく、誰かに頼むことや信頼できる人を見つけることです。一般的に、夫はただ手を貸すだけで、「いい夫だ」と褒められるでしょう。しかし、妻から見れば、もっと深く子育てにかかわってほしいのです。それは子供たちは妻の子供ではなく、夫婦二人の子供だからです。

専業主婦は家で休んでいると思われることもありますが、母親として妻として、家の中でやることは山のようにあります。夫が家に帰ってきたとき、食事があるのが当たり前ではありません。家がきれいなことが当たり前ではないのです。さらには、世の中の経済状況が悪ければ、妻もお金を稼ぐために働かなければなりません。

子育てや家事を妻の責任だと考えるのは間違いです。

もしも夫が仕事で問題を抱えているのなら、奥さんは辛抱強く、ご主人の精神的な苦痛を共有することも大切なことでしょう。逆もしかりです。妻が家庭のことや子育てのことで悩みを抱えているならば、夫は辛抱強く妻の精神的な苦痛を共有することも大切なのです。

このJadeさんのエピソードは、結婚における平等と精神的なサポートの重要性について考える良い機会です。そして、与えられることを当たり前と思わず、人間関係において温かさと愛がいかに重要かを思い出させてくれます。

この先の経済状況を考えれば、女性が働かなければ家庭を保てない時代もやってくるかもしれません。女性が社会で働くことは当たり前であり、家事や子育てを女性だけが行うことが当たり前ではないのです。

夫婦はお互いにリスペクトし合い、共同で子育てに取り組むべきです。母親はただ子供のための存在ではなく、妻であり、夫のお母さんではありません。夫は妻を尊重し、母親である女性とともに、子供たちを育てる責任を果たすべきです。

まとめ

子供を育てるためには、周囲の支援を受けることが重要であり、母親自身も自分自身を休ませる方法を見つける必要があるのです。それによって、あたたかな愛と健全な精神性を保ちながら、家族と共に成長することができるのです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
愛ある家族を築くために―母親は周囲の協力を得て、父親は子育てに参加する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次