当サイトのリンクには広告が含まれています

ひとりの時間が長すぎると、輝きがなくなり、やりたいことが見えなくなる

当ページのリンクには広告が含まれています。
ひとりの時間が長すぎると、輝きがなくなり、やりたいことが見えなくなる
  • URLをコピーしました!

お仕事はオフィスでの勤務や在宅ワークの方ですか?そういった仕事をしていると、気がつけばずっと室内に閉じこもりがちです。

家で仕事をしている人は、宅配を頼んで、1週間も外出しないこともあるでしょう。

しかし、長時間室内にいると、心の輝きを失ってしまうことがあるのです。

この生活スタイルがなぜ私たちの心の輝きに影響を与えるのか、そしてどうやって生活様式を調整して心の輝きを守るかを深く探求してみましょう。

コンテンツ目次

なぜ長時間室内にいると心の輝きが損なわれるのか?

「長時間自宅にいる」と、自然からのエネルギーを受け取ったリ放出する能力が制限され、外の世界との自然なつながりが遮断されてしまいます。これは心の輝きを高めることを制限しているのと同じです。

大自然とのつながりが弱まると、私たちは大切なエネルギー源を失います。大自然は、清々しい空気、自然の光、そして生命力を提供する巨大なエネルギーフィールドです。長時間「室内にいる」ことで、これらの貴重なエネルギー源を失い、心の輝きも失われることがあります。

禅の世界で言われることですが、自然はどれほど美しいか。人々とは関係ないように思えるけれど、自然を瞬間的に観る中で、永遠の存在を感じることができる、のです。

長い時間を室内で過ごすことは、私たちの精神、感情にも影響を与えます。焦燥感、抑うつ、孤独を感じることが増えるかもしれません。

このようなネガティブな感情は、私たちのエネルギーの周波数を低下させ、ポジティブなエネルギーを引きつける力を失わせてしまいます。

長時間の室内滞在で、積極的に運動せずに、長時間座ったり横になったりすると、身体も心も疲れ、精神的にもダウンしてしまいます。

日光を浴びない、運動しないと、肌はくすんでざらつくことも。室内では主に読書やテレビ視聴、スマホやタブレットの使用が増えるため、目の疲れも増えるでしょう。

インターネットを利用して断片的な情報を収集し続けることは、空虚さや焦燥感を感じさせることもあります。さらに人との交流が減少すると、気分も憂鬱になりやすいです。

もちろん、一人の時間を大切にし、瞑想や読書などの活動をすることが、実は心の健康を保つための有効な方法であり、自分だけの時間を確保することもまた必要不可欠のものですが、そればかりに頼ってずっと室内にいたり、ひとりの時間だけを過ごすというのはむしろ不健康です。

多くの人と交流をし、自然にふれ、笑い溢れる時間を取り入れること、そして時々ひとりの時間を作ること。このバランスを上手にとっていくことで、健康的で望みを引き寄せやすい体質を作っていくのです。

まとめ

お天気のいい日は、最低20分は外を歩くようにしてみてください。台風などで外へ出かけられない時は、少しだけ窓を開けて、外の空気を感じるようにしてください。たとえ近所にお散歩に行くだけでも、心はスッキリします。たった5分、自然に触れるだけで、ストレスが解消されるという心理学の実験もあります。

もし、どうしても外出できない、自然に触れることが苦手という人は、森林の香りに入浴剤を入れたお風呂に入るのがいいですよ。鼻から森林の香りを感じながら、半身浴をして目を閉じて、自分が森の中にいるイメージをする。それだけで、心が前向きになる変化を感じられるでしょう。

あるいは、朝起きたら洗面所やお風呂場で髪を洗う(湯シャン)をする、というのでもいいです。シャンプを使わず、頭皮の汗を流すというだけでも、スッキリします。

積極的に前向きになることをすることで、感じることが変わり、感じが変われば、世界の見え方も変わります。そうしていくと、思考も変わりますので、宇宙の法則上、その前向きな気持ちと等しい現実が引き寄せられるようになるのです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
ひとりの時間が長すぎると、輝きがなくなり、やりたいことが見えなくなる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次