当サイトのリンクには広告が含まれています

【お悩み相談】義理の母親とうまくやってゆけません!どうしたら関係性を改善できますか?

当ページのリンクには広告が含まれています。
【お悩み相談】義理の母親とうまくやってゆけません!どうしたら関係性を改善できますか?
  • URLをコピーしました!

こんなご相談をいただきました。

お義母さんとうまくやってゆけません。
会話が合わなくて、価値観も違うし、気を遣ってしまいます。
どうしたらいいですか?
夫と別れるしかないのでしょうか?

わかるなぁ。年代が違うし、なんとなく親しみが持てないし。夫と別れればお義母さんとは他人になるけれど、そう簡単にはいかないよね、、、。

義理のお母さんにも、ちゃんと宇宙の法則は働いています。
宇宙の法則上では、義理のお母さんは、実のお母さんの感情と等しいんですよ。

コンテンツ目次

実の母親の本音を聞くことが改善への一歩

義母との関係に悩む人は多くいます。義母との会話が合わないことや、価値観の違い、気を遣ってしまうことが原因で、ストレスを感じることもあるでしょう。しかし、本当にご主人様と別れるしかないのでしょうか?

そんな悩みを持つ人には、守護天使たちから、こんなアドバイスがあります。

まず、自分の母親に、「母が思う娘に改善してほしいところ」を率直に教えてほしいと聞いてみましょう。自分の母親が本音で言うことで、お義母さんが思っていることと同じようなことがあるかもしれません。そして、実のお母さんの思いを知ることで、お母さんが満足して、突然義理のお母さんとの関係も改善されることがあるのです。

宇宙の法則の中に、バランスの法則と同質の法則というものがあります。これらの法則から考えれば、義理のお母さんは、実のお母さんとも等しく、実のお母さんが考えていることが実は義理のお母さんが思っていることである可能性が高いのです。実の親だからこそ娘に率直に言えない、ということもあります。

率直な意見を聞いてみて、自分が改善できるところがまだあることに気が付ければ、それは自己成長につながりますね。

自分が変われば相手が変わる

義理のお母さんとの関係を改善するためには、自分自身の考え方や行動を改めてみることも大切です。自分自身が変わることで、相手に対する気持ちが変わることがあります。義母との関係を改善するためには、相手を尊重することが必要です。義母との関係に悩んでいる人は、相手と自分との環境や世代の違いを意識することが必要です。理解し合えないことがあって当然であり、心の中で割り切ることも大切です。ただ、割り切ることが尊重することと同義ではありません。相手を尊重するためには、年上の人として、人としてのリスペクトが必要です。義母との関係に悩んでいるときこそ、愛する人を産んでくれた、命を与えてくれた人だからこそ、尊重することが大事なのです。

また、焦らずに少しずつ自分自身が変われば、相手も変わっていくことがあります。自分自身が変わることで、相手に対する気持ちが変わることがあります。義母との関係に悩んでいる人は、自分自身がどのように考え、行動するかを見直すことが大切です。自分自身が義母に対して優しく接することや、相手に対して興味を持つことで、相手も自分に興味を持つようになることがあります。義母との会話が合わないときは、相手が話したいことを引き出すような質問をしてみることも有効です。また、共通の話題を見つけたり、共通の趣味を見つけたりすることで、義母との関係を改善することができます。

あわせて読みたい
母親の過干渉との向き合い方 スピリチュアルな視点からの探求 私たちの人生において、母親は特別な存在です。彼女たちは私たちを育て、愛とケアを注いでくれます。しかし、時には母親の愛が過干渉として表れ、私たちの自立や成長を...

まとめ

義母との関係に悩んでいる人は、まずは自分自身が変わることを考えることが大切です。自分自身が変わることで、相手に対する気持ちが変わることがあります。

また、相手を尊重することや、共通の話題や趣味を見つけることで、関係を改善することができます。

さらに、実の母親の本音を聞くことも一つの方法です。実の母が思っているあなたの欠点が、義母が思っていることなのかもしれません。率直な意見を言ってくれる実の母親の意見はとても大事です。

義母との関係に悩んでいる人は、焦らずに取り組んでいくことが大切です。自分自身が変わり、相手を尊重することで、義母との関係を良好に保つことができますよ。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
【お悩み相談】義理の母親とうまくやってゆけません!どうしたら関係性を改善できますか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次