当サイトのリンクには広告が含まれています

幸せになるための良質な睡眠について考える 誰でもできる7つのこと

当ページのリンクには広告が含まれています。
幸せになるための良質な睡眠について考える 誰でもできる7つのこと
  • URLをコピーしました!

あなたの幸せは、よく眠れるかどうかということと関係があるかもしれません。

もし あなたが少し無気力だったり、だるかったりして、特に幸福感を感じられないとしたら、まずあなたの睡眠習慣を見直してみましょう。

少し私のお話をしましょう。
夜中の2時にベッドで目を覚ましてしまい、その後眠れなくなったことがあります。その時、私は自分が何をしたのか考えてみました。そして、友人とのディナーの後に飲んだちょっと濃いめのコーヒーが原因だったのではと思い当たります。

この経験をした後は、ディナーの後はコーヒーではなく、ハーブティーを飲むようにしました。

これは簡単な例ですが、良い睡眠を確保するには自分の良くない習慣を変えていく必要があります。自分を大事にするからこそ、行動を変えるのです。自分を愛しているからこそ、自分を大事にするための行動をするのです。

今回は、質の良い睡眠を確保するためにできる簡単な7つのことを紹介します。

コンテンツ目次

質の良い睡眠を確保するための7つの方法

規則正しい睡眠時間を守る

週末も含めて、毎日同じ時間に寝起きするようにしましょう。そうすることで、体内時計が整い、寝つきや目覚めがよくなります。

寝室を最も過ごしやすい場所にする

理想的な睡眠環境を整えましょう。寝室は暗く(あるいは薄暗く)、静かで、快適な温度であることを確認してください。シーツや枕は上質なオーガニックコットンを使用し、マットレスは最も寝心地の良いものを選びましょう。人生の3分の1はベッドの上で過ごすのですから、安らげる空間にしましょう。

リラックスできる就寝の習慣を作る

本を読んだり、温かいお風呂に入ったり、心を落ち着かせる音楽を聴いたりしてみてください。深呼吸や瞑想などのリラクゼーション法を実践してみてはいかがでしょうか。私は、寝る前に数分間ヨガや瞑想をしたり、ヒーリング音楽を聴くのが好きです。

寝る前の刺激的な行動は避ける

寝る前の1時間以上は、テレビを見たり、電子機器を使ったり、パソコンで作業したりと、心を刺激するような行動は避けましょう。どうしてもという場合は、電子機器やテレビの刺激的なブルーライトから身を守る眼鏡をかけるようにしましょう。寝る前に暴力的な映画や怖い映画を見ないほうがいいでしょう。

カフェインやアルコールを制限する、または排除する

良質な睡眠を妨げる可能性があるので、夜のカフェイン摂取は避けましょう。それでもダメなら、カフェインの摂取を完全に止めましょう。(カフェインは、お茶、コーヒー、ソーダ、スポーツドリンク、チョコレートなどに含まれていることがあります。)

アルコールは疲れや眠気を感じさせますが、夜中に目が覚めてしまった場合は、先に飲んだアルコール飲料が原因かもしれません。自分に合ったものを試してみてください。

定期的に運動する

定期的な運動はより良い睡眠を促しますが、就寝直前の激しい運動は刺激過多で眠れなくなる可能性があるため避けましょう。朝日を浴びると概日リズムが整うので、朝の散歩をするといいですが、朝は忙しいですね。もし散歩ができなかったら、ランチタイムや食後に散歩をして消化を助けるのもいいですね。

寝る前のヨガやストレッチはおススメです。

日中の昼寝は避ける

昼寝をすると、夜の寝つきが悪くなることがあります。昼寝をするときは、15分~20分程度にしましょう。午後、疲れているときは、20分ほど外を散歩して新鮮な空気を吸い込みます。それでもまだ疲れが残っているときは、瞑想用のオーディオを20分ほど聴いて休むのもいいですよ。

まとめ

時には更年期など、特殊な事情によって眠れないこともあります。いろいろな方法を試しても、なかなか睡眠の質が改善されない場合は、専門医の診察を受けましょう。

睡眠は健康全般にとって重要であり、幸せになるために不可欠なものであることを忘れないでください。自分に合った方法を見つけ、規則正しく睡眠をとることが大切です。シフト勤務でスケジュールが不規則な人もいらっしゃると思いますが、必要な睡眠時間を確保できるように工夫をしていくといいですね。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
幸せになるための良質な睡眠について考える 誰でもできる7つのこと

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次