当サイトのリンクには広告が含まれています

もしあなたが本当に幸せになりたいと思うならば、周囲の人と自分を比較しないでほしいのです

当ページのリンクには広告が含まれています。
もしあなたが本当に幸せになりたいと思うならば、周囲の人と自分を比較しないでほしいのです
  • URLをコピーしました!

幸せになるためには、どうすればいいのでしょうか?

多くの人がこの問いに答えを求めています。しかし、その答えは意外と簡単かもしれません。自分と他人を比較することなく、自分自身の心に焦点を当てることが、真の幸福への鍵です。

この記事では、他人との比較から生じるネガティブな感情とその克服法について掘り下げていきます。

コンテンツ目次

あなたは本当に幸せになりたいと願っていますか?

あなたがもし、心の底から幸せになりたいと願っているならば、決して周囲の人と自分を比較するようなことはしないでほしいのです。

もしあなたが周囲の人と自分を比較することをすれば、次のような心の変化が起こるからです。

嫉妬の感情
執着の感情
自分なんて!という自分の価値を下げる感情

これらの感情が湧かないようにするためには、どうすればいいのか、お伝えいたします。

嫉妬の感情

ほかの人の幸せな姿やお金をたくさん使う姿。そうした姿を見て、嫉妬の感情が湧いてくる人もいるでしょう。自分が持っていないものに対して、嫉妬の気持ちを強く感じる人は少なくありません。それは人間としての当たり前の感情です。

嫉妬の感情自体が悪いわけではありません。嫉妬は上手に利用すれば、頑張る力、自分を成長させる力に変わります。しかし反面、ネガティブに転じると、ただ相手に嫉妬するだけで、自分の成長や自分の本当の望みに目を向けられなくなってゆくのです。

宇宙の法則上、「心の状態に等しいことが現実に起こる」のです。自分がネガティブな嫉妬心で満たされれば、未来の現実に自分が望んでいることを引き寄せることが難しくなってゆきます。

執着の感情

嫉妬の感情が強くなったり、自分と相手を比較して自分にないものに目が向いてしまうと、そこに執着の感情もわいてきます。

つまり、「絶対にそれを叶えなければならない」という感情です。

しかし宇宙の神様の計画は完璧です。あなたが望んでいる以上のことを引き寄せるように考えています。それなのに「これでなければならない」と執着すると、あなたが想像している以上の素晴らしい未来が引き寄せにくくなってしまうのです。

自分なんて!という自分の価値を下げる感情

隣の芝生は青いのです。いつでも青いのです。だから、どうしてもほかの人と自分を比較すると自分を卑下する感情が生まれてきます。

どうせ私はお金持ちになれない
どうせ私は幸せにはなれない
どうせ私はあんなブランド品を持つことはできない

そんな風に感じてしまうようになるのです。

しかし宇宙の法則上、「心の状態に等しいことが現実に起こる」のです。ですから、「自分なんて。。。」「どうせ私は。。。」という気持ちが強くなると、その感情と同じ現実を未来の現実に引き寄せるようになるのです。

どうしたら、ネガティブな感情が湧かないのか

では、こうしたネガティブな感情が湧かないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、他人に目を向けないことなのです。ほかの人はほかの人、自分は自分とどこかで割り切っていくこと。

ほかの人は自分の使っている感情が常にポジティブだから、あれだけ幸せな生活を手に入れたんだな~と思うことです。そして、それを励みに自分の感情を見直してみて、常にいい気分でいられるように努力することに目を向けてください。

時には、その幸せそうに見える人に、どんな風に感情を使っているのか、努力しているのかを聞いてみることもいいでしょう。

常に自分の感情と等しいことしか起こりません。だからこそ、常にいい気分で、楽しい気持ちで過ごすことを努力してくださいね。

まとめ

他人と自分を比較することは、しばしばネガティブな感情を引き起こし、私たちの幸福を遠ざけます。嫉妬、執着、自己卑下といった感情は、私たちの心を苦しめ、望む現実を遠のける原因となります。しかし、他人に目を向けるのではなく、自分自身の感情に意識を集中させることで、ポジティブな心の状態を保ち、望む現実を引き寄せることができます。自分自身の心に誠実であり続けることが、真の幸せへの道です。自分と他人を比較することをやめ、自分自身の心に素直になることで、想像以上の幸せが訪れるでしょう。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
もしあなたが本当に幸せになりたいと思うならば、周囲の人と自分を比較しないでほしいのです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次