当サイトのリンクには広告が含まれています

信じる心が導く未来 ~成功の扉を開く秘訣~

当ページのリンクには広告が含まれています。
信じる心が導く未来 ~成功の扉を開く秘訣~
  • URLをコピーしました!

世の中には、引き寄せの法則とか最近はいろいろん本が出回っています。
たいては表面上だけをとらえて、その本に書かれている奥深い意味をとらえられず、「なんだ!うそじゃん!」って諦めちゃうんですよね。

でも、何をするにしても、どのような占いにしても、スピリチュアルであったとしても、一番大事なのは「信じる力」

信じる力を持つと、実は多くのことが乗り越えられてゆくのです。

コンテンツ目次

自分を信じる人は成功しやすい

例えばビジネスで言えば、「俺はこれで成功する!」って思って、それを疑いなくまっすぐに進んでいる人は、成功しやすいんです。

私は時折、同業の方のコンサルティングのカウンセリングを行います。
はっきり言ってしまうと、売れないスピリチュアルや占い師の方、なかなか人気の出ない方は、実は自分のことを信じていないことが多いんです。

多くの場合、苦戦している占い師さんやスピリチュアルカウンセラーの方々とお話しすると、占い自体とか能力よりも、自分自身を信じていないのです。だから、どこかの口コミサイトなどで、悪評を書かれてそれを目にしてしまうと、もう自信がなくなっちゃったり、逆にイライラしちゃったりね。

でも自分に確固たる自信があると、どんなに周囲に何を言われても揺るがない「軸」を持つことができるんです。
私は方向性ややり方や目標は変わっていいものだと思っています。でもそれと「軸」とは違う。

自分の軸を確認し構築する

最初のうち、自分の軸なんてぶれたっていいんですよ。いろんな経験をして、いろいろな思考を得てゆけば、変わるものもある。
そのぐらいの余裕の気持ちが「自信をつける」ってことになって、次第に「ぶれない自分」という軸を作ってゆけるようになるんです。

周囲の評判や周囲の目を気にしているということは、イコール「自分に自信がない」ってこと。

本当に能力があって、学びもきちんとして、相手のためを思う行動ができていれば、何を言われても大丈夫な自分になれるし、時代や状況に合わせた方向背や目標設定の仕方ができるようになる。それが自分の軸を作るってこと。

メンタル的に自信のない自分が嫌ならば、まずは先に体を鍛えることがいいですね。ヨガやピラティスなどで、体の面から自分というものを作り上げていくことも、方法のひとつ。

いずれにしても、自分を信じる気持ち、自分がやっていることをひたすら信じる気持ちが道を作ります。自分が信じていると、周囲から「もっとこっちの方がいいよ」とか「それならこれをプラスしたら?」みたいな声もいただけるようになるはず。それはすべてメッセージなので、受け入れて。

反対意見も来るかもしれない。でもそれは、リスクの分散をすることができるチャンスかもしれません。

いただけるご意見は、すべて自分の糧になるし、嫌な意見や反対意見を言われてもその裏側を考えれば、ポジティブなことかもしれないし、大きく飛躍できるチャンスかもしれない。

だからやってくることはすべてそれぞれの守護天使からのメッセージとして受け止めてくださいね。自分の心に存在しないことは、現実化しません。

楽天ブックス
¥1,870 (2024/02/23 15:43時点 | 楽天市場調べ)
楽天ブックス
¥1,650 (2024/02/21 02:46時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

引き寄せの法則やスピリチュアルな側面から見ても、最も大切なのは「信じる力」です。自分を信じることが成功への鍵であり、ビジネスにおいても、自信を持って行動する人は成功しやすいとされています。しかし、多くのスピリチュアルや占い師は、自分自身を信じていないために、苦戦しています。

自分に自信を持つことは、周囲の評判や批判に動じない「軸」を持つことに繋がります。最初は自分の軸がぶれることもありますが、多様な経験を通じて、自分の確固たる軸を築いていくことが可能です。周囲の意見に左右されることは自信の欠如を意味し、本当に自分の能力に自信を持っていれば、どんな状況でも自分の信念を持ち続けることができます。

また、自分を信じることは、周囲からの建設的な意見やアドバイスを受け入れることにもつながります。反対意見や批判も、新しい視点を得るチャンスと捉え、それを自分の成長のための糧とすることが重要です。自分の心に存在しないことは現実化しないため、自分を信じ、ポジティブな思考を持つことが、成功への道を切り開く鍵となるのです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
信じる心が導く未来 ~成功の扉を開く秘訣~

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次