当サイトのリンクには広告が含まれています

怒りの感情が頂点に達すると、コントロールできなくなる(感情のスケール)

当ページのリンクには広告が含まれています。
怒りの感情が頂点に達すると、コントロールできなくなる(感情のスケール)
  • URLをコピーしました!

人間は、時には怒りの感情を持つこともあります。生きている間に、怒ったことがないという人はこの世の中に存在しないのではないでしょうか?心の中のイライラも含めて、怒りの感情は誰にでもあります。

引き寄せの法則を学んだことのある人であれば、感情のスケール22段階についてはよくご存じかと思います。

コンテンツ目次

怒りの感情を考えてみる

エイブラハム 感情の22段階

1.喜び/気づき/溢れる活力/自由/愛/感謝

2.情熱

3.熱意/意欲/幸福感

4.ポジティブな期待/信念

5.楽観的

6.希望

7.満足

8.退屈

9.悲観的

10.不満/苛立ち/焦り

11.打ちのめされている状態

12.失望

13.疑念

14.心配

15.自責

16.挫折感/落胆

17.怒り

18.復讐心

19.憎しみ/激怒

20.嫉妬

21.不安/罪悪感/無価値と思う

22.恐怖/悲しみ/憂鬱/絶望/無力感

※数字が大きければネガティブな重い波動の感情です。数字が低い方はポジティブな感情です。

怒りというのは17番目のネガティブな感情の種類になります。実はこの怒りは、一番ネガティブな感情なのではなく、それ以上にネガティブな重たい感情はあります。

ただ、怒りの感情が湧いてきたな、、、という感覚、最初の段階で自分が気が付いてコントロールしてゆかないと、怒りの感情はどんどんと自分でコントロールできなくなって、一気に22番まで到達することがありあります。あるいは、18に移ってしまい、自分でも想像もしていなかったネガティブな行動を起こしてしまうことがあります。

この17番の怒りの感情は、コントロールさえすれば、少しずつ数字を小さくしてゆける、ターニングポイントといえるものなのです。

お恥ずかしながら、私の経験

ある時私は、17番の怒りの感情をコントロールできなくなりました。どんどんと深い深い怒りが湧き出し、一気に18、19と数字を上げてゆきました。しかし、22に到達してもなお、怒りの感情は一切消えず、17から22の感情のすべてを体中に持ち続けていたような状態でした。それが9か月ほど続いたのです。

ある時、私を救ってくれた人がいました。ずっと連絡を取りたかった人から連絡が届いたのです。

その瞬間から、私は今度は1つ1つ、階段を上るように、数字を小さくしてゆきました。そして6の希望という心の状態になったときのこと。6の状態で私は、「私の望みは必ず引き寄せられる」という気持ちになり、少しずつですが「安心感」を持つようになったのです。

そして3の状態になったな、と思った時に、自分の波動が完全に上向きであることに気が付きました。それは小さな望み=それが叶うと信じて疑わない望みから、次々と引き寄せられていったからです。そして、自分が最も引き寄せたい望みが「私が幸せな気持ちならば、それが引き寄せられても、引き寄せられなくてもどちらでもいい」と思い始めたときに、急にその望みは引き寄せられました。完璧なまでに私の望みは叶ったのです。

自分の望みを引き寄せるためには、常に上向きな感情を心に先に作るしかないのです。どのような時でも、内が先、外が後。つまり心の内側が先で、現実という外側が後です。この順番でしか、望みは引き寄せられません。

エイブラハムの感情のスケールは、自分の感情が今どこにあるのかを確認して、次のステップに上がるためには、どの感情にすればいいのかの目安となるもの。今怒りに満ちた状態で、コントロールができないほどの強い怒りを感じているのに、1の喜びや感謝の気持ちに満たされることはできません。でも、17の怒りの感情から、それを少しコントロールして、16の挫折感に行くことはできます。挫折感や落胆がいい気分でないことは確かですが、怒りよりは落ち着いた気持ちです。落胆したからといって、人生が終わるわけではありません。今自分は落胆しているな、と認められれば、また次のステップへ上がっていくことができるのです。

ネガティブな感情に満ちているときは、自分自身の感情に目を向けられてはいません。自分がネガティブな感情になった原因である現実の方に目が向いています。しかし現実はすでに過去なのです。だから起きてしまった出来事、やってしまったことに目を向けても、何も変わりません。それはどうにもならないのです。しかし奇跡は必ず起きますし、起こせます。

だから、起きた出来事、現実に目を向けて負の感情に包まれるよりも、今の自分の感情に目を向けて、1つでも感情のスケールを上げるようにしたほうがいいです。

ただこの過程は、意外と根性が必要。本当に強い怒りに包まれているときに、「私は怒りの感情に包まれているから、感情のスケールを少しでも小さな数字にしよう」と思えないんです。大きな数字の方へ心が引きずられていく感覚を持ちます。

そういう時は次の方法をお勧めします!

楽天ブックス
¥1,870 (2024/02/23 15:43時点 | 楽天市場調べ)

怒りの感情をコントロールしたいときはSNSを活用しよう

怒りの感情を人にぶつけてしまわないようにするのが最も大事なこと。怒りの感情で行動すれば、人を傷つけるか、相手にも怒りの感情を沸かせてしまいます。

怒りの感情が湧き出した時には、SNSを上手に活用して。

私はフェイスブックで「自分だけ」の投稿にして、自分のネガティブな感情を吐き出すようにしています。パソコンでフェイスブックの自分のページを開いて、「自分だけ」の投稿にして、怒りの感情を書きまくります。

とても汚い言葉を使うこともあります。でも、誰かに見せるわけではないから(絶対に「自分だけ」で書いてください)、色んな事を書けます。自分だけがわかるようなこともどんどん書いてOK。何回か投稿しても、「自分だけ」の投稿ならば、自分しか見えませんからね。

誰かにみられるわけではないから、安心して書けますし、気持ちも整理できます。

時がたって、落ち着いたら削除しましょう。その時の感情で書いているものは、無茶苦茶だし、思い出すことには意味がないので、気持ちが落ち着いたら削除してしまうのがいい。万が一忘れても、フェイスブックは過去の投稿はどんどんと下へいくので、あえて探さなければ見なくなります。

フェイスブックにはそうしたネガティブな感情だけじゃなくて、小さな幸せについて書いてもいいんですよ。お友達に知らせるようなことではないけれど、自分だけが感じる幸せを書き込んでおいてもOK。

これは時が経っても削除しなくてもいいですね。
見直すチャンスがあるならば、小さな幸せを感じられますね。

そうやって上手に使っていけば、SNSはとっても自分のためになる媒体ですね!

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
怒りの感情が頂点に達すると、コントロールできなくなる(感情のスケール)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次