当サイトのリンクには広告が含まれています

いつも怒っている友人には近づかないようにしましょう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
いつも怒っている友人には近づかないようにしましょう!
  • URLをコピーしました!

あなたには、皮肉屋またはひねくれ者の友人や親戚がいますか?彼らの特徴は、他人との出来事に対する憎悪に満ちた発言や、他人の生活や見聞きしたことに対する批判が多いことです。いつも怒っています。

言葉は常に鋭く、表情は怒りに満ちている。まるで世界中が悪で、誰もが間違っていて、自分だけが無垢で正しいかのように感じる発言をするのです。
もしそのような人に出会ったら、できる限り近づかないようにしましょう。

コンテンツ目次

皮肉屋には愛がない

なぜ、彼らはそんなに怒るのでしょうか?

それは、心に愛が残っていないからです。特に実は自分に対する愛がないのです。自分が欲しい愛が得られないと感じるから、文句ばかり言って周囲の人たちを敵対視しているのです。

その中には、冷静に過去や現実を語る人とは違い、まるで昨日の出来事のように過去を鮮明に感じ、いつまでも過去を激しく憎んでいる人もいます。
物事を表現するときに、厳しい言葉を使うこともあるでしょう。

彼らが他人から聞きたいことはただ一つ。自分の意見や行動に同意してもらう言葉であり、そうでなければ聞きたくないのです。
もし、彼らがあなたと一緒にいる時に怒りを感じるような出来事があったとしましょう。その時にその出来事に対してあなたが一緒に怒らずになだめようとすれば、その怒りの矛先はあなたに向かうのです。

宇宙の法則上、「心の状態に等しいことが現実に起こる」のです。つまり自分が思い続けていること、考え続けていることが現実化するのです。彼らは常に皮肉屋で、世の中を曲がってみていますから、彼らの現実ではネガティブなことが起こるのです。

もしあなたが彼らに対して、彼らの身の上にネガティブなことが起こる理由を知るために内観するよう勧めると、彼らは即座に自分自身には問題がなく、すべては周囲の問題、環境の問題、相手の問題だというでしょう。

彼らは自分が自分の人生を創っているということを知らないので、あなたが内観するように勧めた途端、あなたを叱責し始めるかもしれません。
彼らは常に自分は悪くない、愛は与えられるものだと思うので、どうしてもネガティブな出来事が起こりやすいのです。

結局のところ、彼らは自分を愛していないのです。

皮肉屋であることは、自分自身にどのような影響を与えるのでしょうか?

例えば皮肉屋さんが転職したとします。
この会社は大丈夫だろうと思っていた矢先に、ネガティブなニュースや同僚の見方に影響するような意見をたくさん耳にすることになります。

そうなると、次第に彼らは、会社の欠点をずっと考え続けることになります。
給料や賞与の額が少なすぎる、上司は管理の仕方を知らない、長所を完全に無視する。このように欠点に焦点を当て続けるのです。

結局、また転職を余儀なくされたり、職場で鬱屈した状態が続いたりするのです。

皮肉屋は常に批判されることを恐れるので、まず過剰に反応し、自分を守っているつもりが、実は他人に不当な不快感を与えている可能性もあります。

誰にでも良いところと悪いところがあるものです。 皮肉屋、ひねくれものでなくとも、欠点は誰にでもある。それをわかって人間関係を構築できる人は、相手のいいところだけを見ることができます。だから目の前にネガティブなことが起こったとしても、決して人のせいにはしません。

まとめ

もしあなたが、職場や学校、コミュニティの中で、このような皮肉屋、ひねくれもの、いつも怒っている人に出会ったならば、あなたが嫌な気分にならないうちに、その場から離れることです。

決して忘れてはならないことは、「自分が自分を幸せにする」という、宇宙の法則の原則です。人は誰であっても、誰かを幸せにする義務や責任を背負ってはいません。

自分が幸せにならないな、と感じる人が目の前に現れたり、仲良くしていた友人が、急に嫉妬心の塊のように皮肉屋になったのであれば、宇宙から「一緒にいる必要はない。自分が自分を幸せにしなさい」と言われているサインなのです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
いつも怒っている友人には近づかないようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次