当サイトのリンクには広告が含まれています

自分に問いかけるということ

当ページのリンクには広告が含まれています。
自分に問いかけるということ
  • URLをコピーしました!

自分が本当にやりたいことが何なのかわからないときは、常に自分の心に問いかけるといいのです。「私は何がしたいの?」「私は何が好きなの?」というように。考えると混乱を起こしますが、問いかけると答えが出るのです。

この記事では、自分に問いかける3つの引き寄せのための質問をご紹介します!これをマスターすれば、あなたの望む人生を創ることができます。

コンテンツ目次

自分に問いかける3つの引き寄せのための質問

自分の人生の何かに迷ったら、まずは自分に問いかけるようにしてください。考えれば堂々巡りになり、うまく結論が出ませんが、「問いかける」と結論が出るようになるのです。

自分に問いかける質問は次の3つです。

  • 私は自分の人生に何を引き寄せたいのか?
  • もし私がこれを望んでいないのなら、私は何を望んでいるのだろう?(望んでいないことが現れたときのために)
  • 波動を上げるにはどうしたらいいのか?

質問(自分に問いかけること)の重要性

質問は非常に強力で、あなたに有利に働くことも、不利に働くこともあります。 自分に不利に働く質問の例として、”私はどうしてこんなに愚かなんだろう?”というものが挙げられます。 もしあなたが自分自身にこれを言うなら、あなたは自分が愚かであることを肯定していることになります。

もしあなたが子供に向かって、”どうして自分の後片付けをしないの?”と言うなら、それはその子供に “あなたは自分の後片付けをしない人だ “と言っているだけです。その子に “自分は片付けない人なんだよ “と教えているので、その先もその子は片付けが苦手になります。 どちらの質問もあなたの人生や子供の人生に何ら役に立ちません。

質問(自分に問いかけること)は、望む人生を引き寄せるためのサポートをするもので、自分自身に対してポジティブな質問をすることです。

例えば、”なぜ私はいつも何をすべきか理解できるのか?”、”なぜ私はいつも目標を達成できるのか?”などです。

これらの質問は、”私はいつも問題を解決できる人です”、”私はいつも目標を達成します “と言っているのと同じです。 これらは、あなたの潜在意識と、あなたが宇宙に発信するメッセージとして、本当に強力なメッセージとなるのです。

引き寄せの法則ガイド

最も重要なことは、引き寄せの法則は、あなたの思考、感情、信念、あなたが言うこと、あなたが行うことに反応するということです。

引き寄せの法則によって、宇宙は、あなたが波動的にマッチするものだけを与えることができます。

それでは、先ほどお伝えした自分に問いかける3つの引き寄せのための質問を1つ1つ解説しましょう。

1.私は自分の人生に何を引き寄せたいのか?

これはとても重要なことです。 多くの人が実際に、自分に対してこの質問をしたことがありません。
私はこの質問を定期的にすることをお勧めしています。

  • 今後1年間、自分の人生に何を引き寄せたいのか?
  • 5年後の自分はどうありたいのか
  • 今日の人生に何を引き寄せたいのか?

ということでもいいのです。

自分が欲しいものを自分に尋ね、確認する習慣を身につけてください。自分がはっきりと明確に望まない限り、あなたが本当に望むものは誰にもわかりません。

2.これがいらないなら、何がほしいの?

もし、なかなかうまく望むことができなくて、あなたの人生に、あなたがいらないもの、嫌いなものが現れたら、”これがいらないなら、何がほしいのか?”と自分に問いかけてみてください。

実はこうして問いかければ、私たちのほとんどは、欲しくないものに気づくのが得意です。だから、これを利用して、自分が欲しいものは何かを明確にしましょう。

あなたがあなた自身に問いかける、いくつか例を挙げます

  • 毎日、車で1時間かけて通勤するのは嫌だ。 歩いて20分以内で行けるような仕事がしたい
  • 家の中がいつも散らかっているのは嫌だ -家は片付いていてほしい
  • 借金はしたくない。お金の管理、貯蓄が本当に上手になりたい。豊かになりたい
  • ストレスを感じないようにしたい- 穏やかな気持ちでリラックスしたい

この質問は、あなたが望まないものであれば、本当に何でも使えます。試しに、あなたが欲しいと思っているものに焦点を当ててみてください。

これは恋人同士でも生かせます。パートナーが自分が怒りを感じたり、不満を抱えるような言動をしたとします。それはあなたにとって「いらないもの」「嫌なもの」です。でも、それに不満を持って、イライラしても実は何も変わりません。イライラすればするほど、あなたの人生にあなtが「いらないもの」「嫌なもの」を引き寄せるだけなのです。

しかし自分に「私は本当は何が欲しいのか、相手にどうしてほしいのか?」と問いかければ、自然と答えが出てきます。自分が本当な何を必要としているのかが明確になります。

例えばパートナーからのやさしさを向けてほしいなら、まずはあなたがパートナーにやさしさを向けることができます。明確なプロポーズの言葉が欲しいなら、あなたが結婚をもめられるように自分を磨き続けることを選択できます。不満を目標や自己改善に変えることができるようになるのです。

また、この質問は、気に入らないことに文句を言っている他の人に対しても使えます。

「じゃあ、それがいらないなら、代わりに何がいい?」と尋ねばいいのです。 わがままを言ったり、駄々をこねる子供に対しても同じように質問をすれば、子供なりに本当は何を求めているのかを考えるようになります。これはとてもいい習慣になります。

3.波動を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

冒頭で述べたように、引き寄せの法則は、自分の波動に合ったものしか与えられないのです。 だから、できる限り自分の波動を上げる(ポジティブに感じる)ことを努力する必要があります。

波動を上げるにはたくさんの方法がありますが、今回はその一例を書きます。

  • 散歩に行く(太陽の日差しを浴びる)
  • 運動不足を解消する
  • 自分に花を買う
  • 読書をする
  • 新しいことをする
  • 部屋の大掃除、断捨離をする
  • 友人と外食をする

全て日常生活でできる、小さなことです。無理のない範囲でできることでしょう。

より良い気分の思考、より良い信念を常に自分の中に置いてください。波動が上がるためには、あなたの言葉と思考と行動がポジティブな状態で一致していることが大事なのです。心から楽しいと感じることをして、心から楽しいと思うその感覚を大事にしてくださいね。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
自分に問いかけるということ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次