当サイトのリンクには広告が含まれています

算命学 運命の秘密を解き明かす魔法のツール

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

算命学は、私たちの運命や人生の謎を解き明かす魅力的な学問です。この記事では、算命学の基本概念から、自分自身や他の人の運命を読み解く方法について探求します。生年月日が、私たちの人生にどのように影響を与えるのか、さまざまな要素を通じて考えていきましょう。

コンテンツ目次

算命学とは

算命学は、自然界の秩序に基づき、個人の性格や運命を解明する学問です。この中国占星術は、生年月日に基づく「干支」を分析し、人の運命や宿命を明らかにします。古代中国で発展した干支暦を基に、陰陽五行の思想が組み込まれ、高度に複雑で深い体系が築かれました。

算命学では、人間を自然界と共に位置づけ、宇宙や自然の法則と人の運命を結びつけて解析します。これにより、人の運命を非常に精緻に予測できますが、深い洞察力が必要です。

算命学は中国にその源流があり、約4000年前の中国の最古の王朝である「夏」の時代に発祥しました。古代中国の人々は、生命の因果を追求し、地球、太陽、宇宙の星々のリズムと生命の関連性を模索しました。これが算命占星術の原点であり、その歴史的な道程をたどることで、この学問の豊かな背景を理解できます。

算命占星術の自然思想

自然界の循環と「質」

地球は一日と夜のサイクル、一年の四季、月の満ち欠けなど、宇宙には一定のリズムが存在します。これらのリズムが、宇宙の「質」に影響を与えているのではないかと、古代中国の人々は考えました。彼らは宇宙のリズムの中にある「質」を見つけ出そうとし、自然界のすべての事物にこの「質」が表れていると仮定しました。これが十干という符号につながります。

自然界に現れた「質」は、木、火、土、金、水の五つの要素であり、これらを「五行」と呼びました。それぞれの要素には異なる質があり、木性や火性などとして分類され、干支に関連付けられました。たとえば、甲(木性)は「木の兄」であり、乙(木性)は「木の弟」と表現され、質の違いが示されました。

時間のリズム〜星の周期と宇宙の循環

また、古代中国の観測によれば、木星の周期は十二年であることが分かりました。これを受けて、彼らは宇宙の時間も十二で一巡るリズムを持っていると考えました。一年を十二ヶ月に分けることは生活に便利であるため、このリズムにも符号を割り当てました。それが十二支です。この符号は身近な動物の名前が用いられ、誰にでも親しみやすいものとされました。

空間リズムと時間のリズム

空間のリズムである十干と時間のリズムである十二支は、毎年、毎月、毎日に繰り返されます。始まりは甲子で、次が乙丑、その後丙寅と続きます。これが六十干支(六十花甲子)と呼ばれ、宇宙の「気」、すなわち自然の運行の力が組み合わさっています。季節の変化や大自然の運行は人間の意志では制御できないため、「気」と「運」が結びついて、私たちの生命と因果関係が生まれるのです。

算命学の成り立ち

算命学は、中国の春秋戦国時代にそのルーツを持ち、鬼谷子(きこくし)という人物によって発展しました。それ以前から存在していた陰陽五行思想や運命予測の技術を鬼谷子が結集し、「算命」と名づけたことから、鬼谷算命学として知られます。

戦国時代の混乱期において、鬼谷算命学の思想と運命予測は政治家や統治者にとって極めて重要であり、鬼谷子の弟子たちは各地の有力な諸侯に招かれて彼らの運命を占い、政策に活かす役割を果たしました。この時期に算命学は急速に発展しました。

その後、約200年後、中国大陸を統一した秦の皇帝も算命学を政治や軍略に利用しました。そして、算命学が非常に有用な術であることを認識した秦の皇帝は、この知識を独占しようとし、宮廷外での学習を禁止しました。これにより、算命学は門外不出の学問となりました。

秦の王朝が滅亡し、漢王朝が成立した後も、算命学は王朝内で独占され続けました。歴代の王朝で王室に仕える占い師によって伝承され、発展していきました。しかし、王朝の崩壊ごとに算命学の一部が一般市民の間に広まり、四柱推命、気学、九星術などの占術が派生しました。これらの占術は、一般人々にも利用され、算命学の伝統が続いていったのです。

算命学で何がわかるの?

算命学は私たちに多くの情報を提供してくれます。

  1. 性格が分かります:
    自分の宿命を知ることは非常に重要です。宿命や性格を理解することで、自分自身をより深く理解し、適切な生き方を見つける手助けとなります。自分に合った生き方を選び、努力を効果的に活かすことができます。
  2. 家系、先祖、子孫のことが分かります:
    算命学は家系とのつながりや家族関係についても示唆を提供します。家系に対する自身の役割や関与、子孫に対する接し方を理解することで、より幸福な家庭環境を築くことが可能です。
  3. 結婚の時期や健康のことが分かります:
    算命学は結婚運や健康についても情報を提供します。結婚運の不利な場合でも、異なる結婚パターンや相手選びの視点を考えることで、幸せな結婚を実現できます。また、身体のリズムや健康に関する情報も得られます。
  4. 金運、財運、不動産運が分かります:
    算命学は金運や財運についても示唆を提供します。財運に恵まれない場合でも、お金や名誉に固執せず、才能や趣味に重点を置くことで、豊かな人生を築く道が開けます。
  5. 過去、現在、未来が分かります:
    宿命や算命学の基本を通じて、自身の才能や適職、人間関係、対処方法などが明らかになります。これにより、仕事や人間関係においてスムーズに対処できるようになります。
  6. 自分の生きる目的が分かります:
    算命学は私たちに生きる目的を示し、自身の役割や使命を理解する手助けとなります。人生の目的が明確になることで、悩みが減少し、より充実した生活を築くことが可能です。

算命学を学び、自己認識を深めることは、自己啓発や幸福な生活のために貴重な手段となります。自然界の法則との調和を見つけ、自分自身をより良く理解し、幸福を追求する道を示してくれます。

算命学は人生にどうやって生かしたらいいのか?

算命学を人生に活かすためには、以下を理解することが大事です。

  1. 変えられないものと変えられるものを知る:
    宿命は変えられないものですが、後天運(年運や大運)を活用することで、運勢に影響を与えることができます。宿命に従った生き方をすることで、運命をより良く築くことができます。
  2. 自分の生まれながらの役割を知る:
    宿命は自分の基本的な性格や適職、家族関係に影響を与えます。自分が向いている職業や役割を理解し、宿命に従った生き方をすることで、自分自身と周囲の人々に幸福をもたらすことができます。
  3. 良い人間関係と危険な人間関係を知る:
    算命学は人間関係の相性を示す手段として役立ちます。宿命に基づいて、良好な関係を築く方法や、危険な関係を回避する方法を理解しましょう。結婚や仕事の上下関係など、人間関係においても算命学の知識は役立ちます。
  4. 親と子の運勢のトレードオフを理解する:
    算命学は家系における運勢にも影響を与えます。親が成功を収めた場合、子供の運勢にどのような影響を与えるかを知ることができます。家族全体の運勢を理解し、家族の幸福を追求する手助けとなります。

算命学は自己認識と生活の指針を提供し、自然界のリズムと調和した生き方をサポートします。自分自身の宿命と運命を理解し、それに基づいた行動を取ることで、より充実した人生を築くことができます。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次