当サイトのリンクには広告が含まれています

本当に幸せになる生き方!感情は人生を創る

当ページのリンクには広告が含まれています。
本当に幸せになる生き方!感情は人生を創る
  • URLをコピーしました!

人は感情の動物です。常に感情に支配されて動いています。どんなにクールに見える人であっても、怒りの感情はあるし、どんなに怒りに満ちた人に見えても、やさしさの感情はあります。感情は、自分が勝手に思っているだけ、勝手に感じているだけです。しかし、その感情がネガティブな感情で、長い間持ち続けているような感情であれば、自分の人生の起こる出来事は、思い通りにはいかないことばかりです。

コンテンツ目次

どんな感情を使うと何が起こるの?

ポジティブな感情を使い続けると、自分の人生に起こる出来事は、思い通りどころか、想像もしていなかった奇跡に恵まれます。ネガティブな感情とは、怒り、悲しみ、恨み、不安、憂鬱、不満・・・などなど。ポジティブな感情とは、感謝、喜び、楽しさ、安らぎ、愛・・・などなど。

困ったことに、ネガティブな感情を長く使い続けると、体を傷めたり、ケガをしたり、病気と縁が深くなってしまったりすることもあります。ポジティブな感情をできるだけ使うように心がけると、思ってもいなかったところから、沢山のチャンスが舞い込んできたり、何もしていないのに、臨時収入が入ってきたりします。

願えば、もたらされる。それは間違いなくそうなのですが、心の奥底、潜在意識からポジティブな感情とともに願いを思うことが大事なのです。願ってもどうせやってこないだろう・・・そう思っていると、やってきません。

ポジティブな感情が、どんなものかわからなかったら、まずは身近な人に感謝の気持ちを向けてください。「ありがとう」の気持ち。いろんな人に、心からありがとうと言い続けて。そうすると、気がついたら、コンビニの店員さんも、駅員さんもみんな親切になっていることに気が付くから。

自分の人生や自分の環境は、すべて自分の感情が創りだします。思い続けていること、使い続けている感情の結果が、今の自分の環境なのです。自分が望むような人生を送りたいなら、ポジティブな感情を積極的に使うように心がけることが大切です。

大掃除をすると幸せにつながる?

思い悩んでいることや心にとどめているものがある場合は、断捨離もおすすめです。断捨離とは、必要のないものを手放すことで、心の整理をすることです。短い期間に断捨離をすることで、自分の中にある不要なものを取り除き、新たな気持ちで未来に向かって歩むことができます。

時間のある時に、3日間ぐらいかけて断捨離してみましょう。物だけでなく、心にとどめているものや過去のトラウマなども一緒に手放すことで、スッキリした気持ちになることができます。自分自身が持つ価値観を見直し、本当に必要なものだけを残して、新たな未来を切り開いていきましょう。

人生は、自分自身が創りだしていくものです。ネガティブな感情に支配されるのではなく、ポジティブな感情を使って自分の人生を豊かにしていきましょう。ありがとうや感謝の気持ちを持ち続け、断捨離をすることで、より良い人生を送ることができます。

まとめ

宇宙の法則上、「心の状態に等しいことが現実に起こる」のです。だから、常にいい気分、心地よい気持ち、楽しい気持ち、ハッピーな気持ちでいることがとても大事なことです。

生活の中でいい気分でいる工夫をしてくださいね。

例えば、

  • 朝食を食べる:朝食を食べることで、エネルギーが補充され、1日を良い気分で始めることができます。健康的でバランスのとれた朝食をとるように心がけましょう。
  • 運動をする:運動は身体を健康に保つだけでなく、気分を良くする効果もあります。毎日少しの運動をすることでストレス解消にもなります。
  • 人と話す:人とコミュニケーションをとることは、孤独感を和らげ、気分を明るく保つために重要です。友人や家族との会話、コミュニティのイベントに参加することをお勧めします。
  • 趣味を楽しむ:好きなことをすることは、心をリラックスさせ、ストレスを減らすのに役立ちます。趣味に没頭する時間を作って、自分自身にリフレッシュする時間を与えましょう。
  • 睡眠を十分にとる:睡眠不足は、気分を悪化させる原因の1つです。十分な睡眠をとることで、身体と心をリフレッシュさせ、次の日のエネルギーを補充することができます。

など、日々の生活でできることはたくさんあります。自分を大事にしてくださいね。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
本当に幸せになる生き方!感情は人生を創る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次