当サイトのリンクには広告が含まれています

不倫の恋は悪いこと?

当ページのリンクには広告が含まれています。
不倫の恋は悪いこと?
  • URLをコピーしました!

好きになった人が既婚者だったと知ると、多くの人が悩みます。実は、占い師やスピリチュアルカウンセラーには、「付き合い始める前に相手が既婚者だと知らなかった」という相談がたくさん届きます。多くの場合、相手は「聞かれなかったから言わなかった」と言い訳します。

そんな時、私たちは「この恋愛を続けてもいいのだろうか?」と悩みます。でも、一度好きになったら、その気持ちは簡単にはコントロールできません。特に、その人が運命の人、いわゆるソウルメイトのように感じる場合はなおさらです。

誰かを好きになるには理由はいらないし、「なぜ愛しているのか」と聞かれても、その答えは簡単には見つかりません。愛する理由なんて、誰にもわからないものです。

コンテンツ目次

恋に善悪はない

恋愛における善悪の基準は、実はとても曖昧です。多くの人が「既婚者を愛してしまったのは悪いことだと感じ、苦しんでいる」と占い師やスピリチュアルカウンセラーに相談します。しかし、相手の結婚状況に関わらず、誰かを心から愛する気持ちは決して悪いことではありません。愛は自然な感情であり、誰かを愛すること自体は素晴らしいことです。

人生では、さまざまなタイミングが存在し、ほんの少しのタイミングの違いが、運命の大きな分岐点になることがあります。これは避けられないことです。

ただし、相手が既婚者である場合は、いくつか考慮すべきことがあります。一時的に立ち止まり、状況を冷静に考える時間を持つことが大切です。そして、既婚者であることが明らかになったら、その事実について相手と真剣に話し合う必要があります。

何を考えるべきなのか?どんな点を話し合うべきなのか?まず考えるべきは、この関係が本当に自分に幸せをもたらすものなのか、そしてそれが相手にも幸せをもたらすものなのかという点です。

この二つの点をじっくり考えることが必要です。宇宙の法則では、多くのことが許容されていますが、「他人を傷つけること」はNGとされています。

この視点から考えると、不倫関係は必然的に誰かを傷つけることになります。相手の配偶者や子供たち、自分が結婚している場合は自分の配偶者、そして何より自分自身です。

複雑な状況の中での恋愛は、常に幸せだけで満たされるわけではないでしょう。

そういった状況を踏まえ、相手と自分がその恋愛によって真に幸せになれるのかを、一時立ち止まって考えることが、不倫の恋において重要です。両者に感情がある場合、関係を始める前に十分に話し合うことが大切です。ただ感情だけで突き進むのは得策ではありません。

待つ覚悟があるのかを確認する

既婚者との恋愛関係には、魂の成長と修行の段階が関わっています。相手が既婚者である場合、彼ら夫婦はまだ魂の修行をしていると考えられます。この修行が完了し、新たな人生の段階に進む準備が整うまでは、恋人とは、お互いに異なる道を歩む可能性が高いです。しかし、夫婦として、そして親としての責任と修行は、簡単に放棄できるものではありません。

特に子供がいる場合、その修行はさらに複雑になります。家族を捨てて新しい恋に進むことは、ほとんどの人にとって現実的な選択肢ではないでしょう。

そこで考えるべきなのは、「いつ終わるかわからない魂の修行」を待つ覚悟があるかどうかです。魂の成長と修行は予測不可能なものであり、それを待つことは大きな精神的な挑戦を伴います。

夫婦としての魂の修行が終われば、自動的に相手は独身に戻ることになります。それがいつやってくるのかは、相手の問題なので、そこにかかわることができません。ただ待つことしかできないのです。その覚悟があるのかどうかを、確認してください。

あなたは恋に何を望みますか?

既婚者との関係において、何を本当に望んでいるのでしょうか?恋愛や結婚において、最終的には自分自身の幸せを求めることが多いですよね。穏やかな時間を共有し、幸せな瞬間を楽しむこと。しかし、相手が既婚者である場合、一度立ち止まり、自分の真の願いが何かを深く考える必要があります。

自分が望むのは、単に恋愛のドキドキだけではなく、長期的な幸せかもしれません。相手に何かを求めるのではなく、自分が心から満足し、平和でいられるかどうかが重要です。既婚者の相手が家庭との責任を果たして次のステップへ進むかは、その人によります。そして、私たちは他人を変えることはできません。

しかし、自分が日々、心穏やかで幸せな気持ちで過ごすことができれば、最終的には自分が本当に望む「幸せ」を手に入れることができます。それが今のお相手との未来なのか、別の誰かとの未来なのかは分かりませんが、心穏やかに過ごすことで、自分にとっての最良の道が開かれるでしょう。

自分自身の幸せを考えたとき、既婚者との関係が本当にそれに繋がるのか、それとも自分自身の内面の平穏を乱すものなのかを見極めることが大切です。愛すること自体は美しい行為ですが、その愛が自分や相手、さらに周囲の人々にとっても良い影響をもたらすものであるかどうか、冷静に考えるべきです。

人を好きになることは悪いことではありません

誰かを心から愛することは決して悪いことではありません。愛情は自然な感情であり、人生を豊かにする素晴らしい力です。しかし、愛する相手が既婚者である場合、その関係は複雑なものです。そんな時、自分の本当の望みや、その関係が自分にとって意味するものを考えることが重要です。

自分自身の幸せを第一に考えることは、誰にも否定されるべきではありません。相手に何かを強く求めるのではなく、自分が日々ハッピーで、心穏やかな気持ちでいられるかどうかを重視しましょう。相手が現在の関係から次のステップへ進むことは、その人自身の選択であり、私たちにはコントロールできません。他人を変えることはできないのです。

自分が毎日を穏やかな気持ちで過ごすことができれば、未来は自分が望む形で展開する可能性が高まります。それが現在の相手との未来なのか、別の誰かとの未来なのかは分かりませんが、自分が本当に求める「幸せ」に近づくことは間違いありません。

このような状況では、自分の感情を大切にしつつも、相手の状況や感情を尊重することが肝心です。相手が既婚者であるという現実を認識し、その上でどのように進むべきかを慎重に考えることが求められます。自分の幸せを追求することは大切ですが、それは他人を傷つけることなく、自分自身の内面の平和と調和を保ちながら行うべきです。

相手をどうにかしようと思わないで

既婚者を愛すること自体に罪はありません。誰かを好きになるという感情には、本質的に善も悪も存在しないからです。しかし、それが不倫につながる場合、宇宙の法則もそれを正しいとは認めていません。自分が相手を愛しているからといって、相手を変えようとする考え方は、実は誤りです。それは相手を幸せにするどころか、自分自身の幸せも妨げることになりかねません。さらに、周りの人々にも悪影響を及ぼす可能性があります。

恋愛において善悪はありませんが、その恋愛が進む過程での自己責任は重要です。だからこそ、相手が誰であれ、自分が望む幸せを手に入れるためには、心を常に幸せな気持ちで満たしていくことが重要です。毎日を楽しく過ごすことで、自分自身の幸せを見つけていくのです。

このプロセスを通じて、未来には「これで良かった」と思えるような幸せが訪れるでしょう。相手が既婚者である場合、その関係の進展は相手の意思に大きく左右されるため、相手を変えようとする努力はしばしば報われません。重要なのは、相手の状況を理解し尊重すること、そして何より、自分自身の内面の平和を大切にすることです。

自分自身が幸せな状態を望むならば、その幸せを追求する過程で他人を傷つけないようにすることが大切です。その関係が自分や相手、周囲の人々にとって本当に幸せなものかを深く考え、心穏やかに過ごすことで、自分自身の真の幸せに近づけるはずです。

もっと読む

▼ココナラにはたくさんの占い師がいます▼
▼沙耶美の鑑定はこちら▼
不倫の恋は悪いこと?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツ目次